ほたる

先週

自分からどこかへ行こう~ と誘うことがあまりない父から、

“ 金曜日、ホタルを見に行こう ” と言われました

今月

体調が良くなかった母も、重い腰を上げてくれて 。。


二人ともだいぶ年を取りました

桜やホタルを見るのもあと何回できるのか ・・  と思うと少し感傷的になってしまいます


金曜日  レッスンが終わってすぐに戻り、夕方5時に自宅を出ました



もう一つの楽しみは

諫早にある北御門でのウナギ料理

両親とも大好物で、

私も小さい頃から父の故郷、諫早の湯江のお墓参りの帰りには必ず寄っていました

f0209133_23011993.jpg
タレがあまり濃くないところがお気に入りです ( 他のお店のを頂くと、私にはかなり濃く感じてしまいます )



夜になって 。。

湯江小学校を上った所に境川があります ( 轟の滝に通じる川です )


暫く待っていると

ポツリポツリと緑色の蛍光色の光が幻想的に揺らめきながら 。。

とてもきれいでした

一つ捕まえて、手の中に入れると  

宝石のように美しい光を放ちます


父か言いました

今は昔の10分の1くらいかな ・・  と


どうか どうか

これ以上自然を壊さないで!  


私の心に痛みが走ります


自然を壊すのも人間

自然と共存して守って行くのも人間


便利さを追求するのではなく、もっともっと身近な自然に目を向けていってほしい  


切に願います


それと これからホタルを見にいかれる方

いくら光がきれいだからと 。。

観賞用に一匹くらいは大丈夫  と思って持ってはいかないで 。。


それも人間のエゴな部分


そっと手の中に包み込んだホタルは、自然に帰してあげましょう




どうかまたたくさんのホタルが見られますよう
   


と祈りをこめながら 














[PR]
by dhyanayoga | 2017-05-28 23:27 | 日常のひとこま | Comments(0)

日常の小さな幸せ。 自然・心・健康・食事…


by dhyanayoga キョウコ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31