上級者編 ☆鶴のポーズ☆

今回は上級者向けのポーズ “ 鶴のポーズ ” をご紹介します058.gif
 (※普段のレッスンでは誰でもチャレンジできるポーズばかりなので安心して下さいね~)


このポーズはバランス感覚と集中力が養われ、倒立に近い効果が得られます。

頭脳、及び全身の疲労、倦怠感、神経の緊張に効果的です。
視覚、聴覚、その他感覚がよみがえります。
頭脳に多量の血液を送りこむため、不眠や記憶力減退の改善などの効果が期待できます。



…ですが、レッスン中でもお話ししますが、このポーズは誰でも行うことはできません。

頚椎に痛み違和感がある方。
高血圧の方。 耳、鼻、眼に異常を抱えている方。
重い病中病後の方。  

後、ヨガの初心者の方々も、ある程度トレーニングを積んでから行って頂きたいポーズです。


ちゃんとご自分の体の声を聞ける方… (体の声を無視して好奇心で又は、競争心で行うことは良くありません)

今回のポーズのモデルさんは、湊公園スタジオで週2回トレーニングを積んでいらっしゃるMさんにご協力頂きました016.gif


先ず始めは、簡単な鶴のポーズです。
f0209133_12383023.jpg

①金剛坐(正座)の姿勢になって、両手をひざのすぐ前の床に肩幅程度ひらいて置きます。

②手と手を底辺に三角形を作った頂点に、頭のてっぺんと額の真ん中辺りをしっかりとくっつけます。

③脇はしっかりとしめて、自信がない方は頭と両手に体重移動させるだけでも構いません。
④初心者の方は先ずはお尻を引き上げて、かかとをマットに押し下げていく練習をしていきましょう
 その場合も、しっかりと両手頭で体を支えていきます。(体の声を聞きながら集中していきます!)

⑤しばらく呼吸を保持します。
f0209133_12485961.jpg

⑥さらに余裕がある方は片方の膝を曲げて、腕の上腕にしっかりと乗せて足の甲も伸ばします。
 (3~5呼吸キープして、反対の足同様に…)

⑦出来る方は、手と頭を付いたら、はじめから両膝を曲げて、両腕の上腕にしっかりと乗せて足先を 付けていきます(上の写真のように)

 しばらく呼吸を感じます…

ポーズを解放しましたら、暫らく額をマットにつけたまま休みます。

ここからさらに上級者向けのポーズ!

ゆっくりと片足を挙げてキープします。
f0209133_12565516.jpg

綺麗ですね~053.gif

頭、首を使ったポーズは本当に慎重に行って下さい!!

ウォームアップの時に、手と頭を押し合うポーズが簡単に首の周りを強くするので毎日欠かさずに行って下さい。


どのポーズにも言える事ですが、基本の体を柔軟にする前屈や後屈、ねじりなどのストレッチ系のヨガのポーズは毎日少しずつでも行うようにしてくださいね~

そうすることで少し難しいポーズでも体が緊張しないでしっかりとした呼吸を感じながらポーズを作ることができて、ヨガの一番の目的でもある、心を内側に向けることが出来るようになってきます。
[PR]
by dhyanayoga | 2012-01-27 13:18 | ヨーガ | Comments(0)

日常の小さな幸せ。 自然・心・健康・食事…


by dhyanayoga キョウコ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30